FC2ブログ
モモコ2nd ダブルピンチスタンバイ
3話 「再び黒荊邸へ すべてはここから始まった……」

黒荊邸は、みんなそれぞれ格別な心情があったことだろう。
今となっては住む人もなく、ただ静かで広いだけの湖畔の洋館だ。

「さあ、皆さん中へどうぞどうぞ、とりあえず奥の広間へ、今暖炉に火を入れたところですので、暖かくなるまで少々お待ちを」
元黒荊家執事の平川が勝手知ったる屋敷の中へとみんなを案内した。
「ひゃー、これは聞きしに勝る大御殿ですなあ!」
「やっぱり、この広さでひと気がないと寒さ寂しさも半端ないわねー」
恩田夫妻が邸内をキョロキョロしながら平川のあとに続いた。
フッキーとスネちゃんはもう眠そうに「あした探検しようね、ふあああー」て具合でそれに続いた。
「うーん、寒い、寒い」
「あー、腹減ったー、腹減ったー」
とのぶチン教授と大木が呑気にボヤきながら、またそれに続いた。

一方、玄関前では寒空の下、桐島と紀緒彦らが屋敷の見取り図を睨みながら兵員の配置、及びモモコの安全な場所や避難経路などの打ち合わせをしていた。また、その間にも帝国軍の車両が続々到着し、大勢の帝国軍人が屋敷内に集結し溢れかえっていった。
そこに護衛を伴った帝国軍将校と思われる二人が駆け寄ってきた。
「遅れてすまん桐島少尉!」
「やあ、やあ!桐島君、お久しぶり! お久しぶり!」
と桐島に歩み寄った将校は彼の歴代上司の『月夜野大尉』と『樋村中佐』であった。
注1)月夜野大尉は先の黒荊事変でブーヒン一味に特攻するも凶弾に倒れ殉死、その後はモモコの幸福の実発動のおかげで地獄より帰還。階級は死後二階級特進であったが、生き返ったため特進は取り消し。同大尉のまま。代理の樋村の代わり情報二局の司令に返り咲き。現在の桐島らのボスである。
注2)樋村は先の黒荊事変で手柄を独り占めし大尉から中佐に特進。現在は帝国軍の中枢部に栄転。安全な後方でウハウハの毎日。
桐島は固い握手で両雄を迎えた。

モモコは2カ月ちょい前のあの日のことを思い出していたのか、
言葉もなく、しばし広いロビーにある大きな階段の前に立ち尽くしていた。
そのとき、二階の手摺りの向うに佇む少女の幻影を見ていた。
それは数奇な運命で結ばれた姉、黒荊林檎子であった。
モモコは特に驚いた様子もなく、そっとプロシーボのペンダントを掌に握りしめた。
林檎子がモモコに振り向き、微笑んだように見えた。
しかし、プロシーボのペンダントの光りの振幅に何も反応はなかった。
ふいにモモコの両肩にやさしく手が添えられた。それは母幸江のものであった。
すると林檎子の幻がすうと消えた。
「林檎子お姉ちゃん……」心の中の自分が叫んだ。
そして気付いた。彼女はもういないのだ、と。
モモコは幸江の手をそっと握り返した。

「モモコちゃん、幸江さん、ちょっといいかな?」
廊下の向こうからモモコと幸江を呼ぶ桐島の声がした。
振り向くと桐島が帝国軍の会議室として使用中の応接室に来るよう手招きしていた。

応接室には桐島のほか、月夜野と樋村がいた。
この二名の将校はソファから腰を上げモモコと幸江を最敬礼で迎えた。
モモコもつられて敬礼のマネっこをしてみた。幸江があわてたような困った顔をして礼をした。
一瞬、コワモテのオジサン将校らの顔が綻んだ。

夜も更けて、みんな寝しずまったころ。
ノブちん、大木、紀緒彦ら若い男子諸兄は寝ずの番で広間に待機していた。
そこへ桐島と肝田が差し入れを手にしてやってきた。
「やあ、みんなお疲れ様! ここらで一休みしないか?」
「いやあ、我々が戦力の足しにならないとしても、おちおち休んでられないっすよ!」
「ははっ、気持ちはとても嬉しいよ。でも帝国軍の精鋭300名が鉄壁の布陣で臨んでいるから、ここはどんと我々に任せてくれないかな」
「それより、モモコちゃんと帝国軍のお偉いさんの話は何だったの?」
「ああ、モモコちゃんの勇気と決心には涙もんだったよ。帝国軍首脳部の提案は明後日の勲章授与式典を延期するか、場所を野外の帝国平和記念公園特設会場ではなく、もっと安全な屋内の場所に変えるかという旨を伝えたんだけど、モモコちゃんはきっぱり断ったよ。「ワタシは逃げも隠れもしない。亡魂帝国の国民のみなさんのためにも戦います!」ってね」
といいつつ桐島は各自の茶碗にヤカンから温かい飲み物を注いでいった。
「ありがとう。頂くよ」
「うん、いい匂い」
「はっ、これ甘酒じゃ?」
「あれ、紀緒彦くん未成年とはいえど甘酒くらいはいけるだろ?」
「それが…」
「ああ、無理にはいいんだ、なら、お茶でも入れよう」
みんながそれぞれ暖かい甘酒を一口、二口頂くと、
「ところで桐島くん、やはり今回の二大戦闘家畜人を操っているとう影の組織っていうのはやはり……」
とノブちん教授が真顔で問うた。
「ああ、おそらくは『黒林檎十字会』だろう。これほどの戦闘力の高い家畜人を擁している組織はそうはないからね」
「そうか、林檎子の亡霊が今だ……。モモコちゃんの戦いも終わったわけじゃなかったんだ……」
「それで、モモコちゃんは覚悟をもって明後日の授与式に」
「うーん……」
ここでみんなは感慨深く甘酒をもう一杯じっくり噛みしめるように飲んだ。
「はっ、しまった」
ついつられて甘酒を飲んでしまった紀緒彦がいくぶん狼狽した。
「ん、どうしたんだい、紀緒彦くん?」とみんなが注目すると。
次の瞬間、ここで驚くべきことが起こった。
ポン! と煙に包まれた紀緒彦は彼のもうひとつの姿、それも珍奇な小動物系の姿、そう、懐かしき「ぽ平次」の姿形に変身したのであった。
みんながあまりの出来事にあ然となった。
「ぽへへ、みなさんお久しぶり!」
とお馴染みの声をきくとみんなが、「おー、ぽ平次氏!」と頭や体中をポンポン叩いて再会を祝した。
どうやら紀緒彦はアルコール類を摂取すると「家畜人ぽ平次氏」形態へと変身してしまうのだ。
「こりゃ、モモコちゃん喜ぶぞ。今日は遅いから明日にしよう。こりゃ朝が楽しみだな!」
「まてよ、でも、瑠衣子さんにはちょっと見せられないよな。明日、こっちに来るんだろ」
「ぽへへ……」
そんなこんなで彼らは朝方まで盛り上がっていた。

次の日の朝が来た。お屋敷裏の湖は朝日を場違いなほど美しく反射させていた。
モモコたちを守る帝国軍精鋭たちが今だ緊張感を持続させている傍ら、屋敷内のモモコたちは平和そのものであった。モモコとフッキーとスネちゃんはぽ平次と広いお屋敷内を駆け回って楽しく遊んでいた。
幸江に「いいかげんぽ平次さんを勘弁してあげなさい。もうすぐ瑠衣子さんがいらっしゃる時間でしょ」
とたしなめられ、ぽ平次を紀緒彦に戻す潮時がきた。その方法は前回同様女子のチューであった。
ここはモモコとフッキーとスネちゃんが同時にオデコやホッペにチューをした。
すると元の美少年紀緒彦の姿に瞬時に変貌した。同時に三人は顔を真っ赤にして紀緒彦から逃げていった。

「グッモーニイン、紀緒彦坊ちゃま!」
入れ違いにやってきたのは平川であった」
「ああ、平川さん、お早うございます」
「もう、どこいってたんですか! ビッグニュースですよ、ビッグニュース! しかもモスト嬉しいお知らせですヨ!」
「えっ、なんですてって!?」
「真樹太君! 堀部真樹太君の所在がわかったんです。瑠衣子さんの双子の弟の真樹太君ですよ! 本人から連絡がありました。近くにいるそうですので私がこれからお迎えにいってきまーす!」
「えっ、ほ本当ですか、よかった! よかったですよ平川さん! 瑠衣子さん喜びますよ。とても!」
「では、さっそく! 不肖平川レッツゴー!」
「お願いします、平川さん……。よかった、真樹太君、瑠衣子さん」
そんな喜びに満ちた紀緒彦の様子を扉の影から窺っていた桐島が呟いた。
「タイミングが良すぎはしないか……」

まもなく堀部瑠衣子が黒荊邸に現れた。
「おはようございます」
この日、朝日を纏った彼女はいつもまして可憐で美しく見えた。
少し彼女の雰囲気が違ってみえたのは、モモコの衣装を徹夜で仕立ててくれたのであろう疲労と、また彼女にとっても思い出深い黒荊のお屋敷に戻ってきた感慨とが複雑な憂いをその瞳に覗わせていたのも一因であろう。
「おはようございます!」
「おはようさんルイッペ~♪」
「瑠衣子さん、おはようです!」

みんなの顔が彼女を見てぱっと明るくなった。

「モモコちゃんどうかしら?」とさっそく瑠衣子は仕立て直した洋服を手提げ袋から取り出して広げてみた。
「うわあ、ありがとう!」
「ちょっと、袖を通してみてね? 最後に細かい調整がいるかもしれないから」
「うん、ちょっと、まっててね」
「うふ……」
笑顔でモモコを見送る瑠衣子に紀緒彦が近寄り声を掛けた。
「瑠衣子さん後でお話があるんだ。驚かないでね、とてもいい話なんだ。真樹太君が、真樹太くんが……」
「えっ……」
驚いて振り向いた瑠衣子の視線を遮ったのは桐島と肝田であった。
「堀部瑠衣子さん、……ですね。我々もお話したいことがあるのですが……」
「え、ええ……っ?」
「ここではなんですので、二階の部屋まで来ていただけませんか?」
「ちょっと、桐島さん……」
真剣な桐島の目に紀緒彦はかなりのとまどいを覚えた。
「そうだ、ちょうどいい、紀緒彦君、君にもつきあってもらおう」
「どういうことです?」
「とにかく、二階へいきましょう」肝田が引きつった笑顔でまあまあととりなした。
「…………。」紀緒彦と瑠衣子は少しばかり困惑した顔を見合わせ、おとなしく桐島に従った。

瑠衣子が通された部屋は、奇しくも林檎子が私室として使っていた部屋であった。しかし広い室内にはわずかな家具しかなくガランとしていた。というのも林檎子の持ち物の大半は、その悪行の証拠品として軍に抑えられていたためであった。
林檎子のことを思い出したのであろうか、瑠衣子の表情に少しばかり悲しみの色が浮かび、みるみる表情が暗く曇っていった。
「失礼!」
桐島がおもむろに瑠衣子の腕を取り、手首にしている包帯をずらした。
彼女は先日、メイドの格好をしていたとき手首にアクセサリーをしていたが、
私服の本日は両手首に包帯をしていたのを何やら桐島が注目していた。
包帯の下にはアザのような痕が手首の周囲に見られた。
「これは手枷の痕ですね。どこかで拘束されていた過去がおありで?」
「………。」
「え? まさか……」
さすがに紀緒彦も驚いた声をあげた。
「次に服を脱いでください」
「えっ、桐島さん、ちょっと何を……」紀緒彦が桐島に詰め寄った。
「もう一度、身体検査をさせて頂きたいのですが」
「まさか瑠衣子さんを疑っているんですか!?」
「こういうことはハッキリさせておいたほうがいいからね……」
「そんな! バカな! まさか、冗談でしょう!」
「…………、分りました」

スルッ、スルルッ
そういうと瑠衣子は着ている服を脱ぎだした。
「瑠衣子さんよせ!」紀緒彦が止めようとするのを桐島が制止した。
「うっ、うううっ」
彼女は背を向けて下着姿になると、目から涙をポタポタ落とし、その場に脱いだ服を抱えて蹲った。
その背中にはおびただしい傷の痕があった。何かで打擲されたような折檻の痕ともみてとれた。
「こ、これは」さすがに桐島も目を見張り、こう云った。
「違う、傷が古い、最近のものじゃない……」
おそらく違うというのは女囚647号が佐治州によって受けた傷跡との違いのことであろう。
桐島は堀部瑠衣子が女囚ムジナの変化した姿と疑念を少なからずもっていたのだ。
「でも、これは……?」桐島が瑠衣子にかける言葉に困ると。紀緒彦が悲しそうに呟いた。
「林檎子です。これは昔林檎子が果たした仕打ちです。きっとそうに違いない……」
「…………」瑠衣子は答えずにいた。

しばらく沈黙があり、紀緒彦が重い口を開いた。
「お話しましょう。僕と林檎子の黒荊の兄妹と、堀部瑠衣子さん、真樹太君双子の堀部姉弟の長い長い物語を……」

「うぐ、うぐ、ううううん、んぐぐ!」
ここで瑠衣子の涙がうんと重く深いものになり、その語る処の辛さ、悲しさを痛切に予感させた。
そしてその慟哭は止まることなく、彼女には似付かわぬヒステリーかパニックのそれに近くなった。
そして瑠衣子は嗚咽まみれで呟いた。
「心が、消えていく……」と。

紀緒彦は部屋の窓から見える一本のライラックの木を見下ろして語りだした。
あの数奇で、辛く切なく、そして残酷なとある季節の物語を……。
p204
今ここにリフレインされる黒荊侯爵家の黄金と暗黒のあの日々…
スポンサーサイト