FC2ブログ
モモコ2nd ダブルピンチスタンバイ 22話 
「イケナイ契約 鬼畜少女の楽園夢想」

「その前にひとつ聞きたいことがあるんだけど」
「何? 」
「あれは本当に魔鬼伽、遠藤魔鬼伽だったの?」
「それはイチゴコなんかより林檎子チン本人がよく分かってるっしょ。あれは正真正銘の遠藤魔鬼伽、あなたを殺そうとしたことが何よりの証拠じゃね?」
「……………!」 
「あ、イチゴコ、何かマズイこと言った?」
「べ、別に……(確かに、確かに今の林檎子は魔鬼伽に殺されても仕方ないほど恨まれているのだったわ……)」
「あのう、林檎子チンね、お凹み中誠に申し訳ございませんが、その件につきまして、先日の魔鬼伽復活の条件、イチゴコとのご契約頂いてよろしいでしょうか……?」
「ああ、そうだったわね。魔鬼伽を蘇らせる代わりに条件があるって……。で、何? その条件って? 契約とか? 前から言ってた人類を滅ぼせとか?」
「いやいや、さすがにね。いくらなんでもそれは等価交換とはいえないっしょ。魔鬼伽の一個人の命と全人類の命とは。さすがにそこまでのレベルの条件にはしないけど……、それよか、イチゴコ的には人類抹殺はあくまでも林檎子チンの意思で自発的にやって欲しいっていうのもあるし……」
「相変わらず、ちょっと何いってんだかよく分かんないけど、とにかく内容が知りたいわ」
「これからイチゴコが林檎子チンに契約の魔法をかけまーす!」
「アタシが魔法を掛けられる? そうゆうこと?」
「契約の魔法! 林檎子チンが紀緒彦お兄様を好きになればなるほど……」
「好きになればなるほど……?」
「紀緒彦お兄様の命が急激に短くなりまーす!」
「ふっざけんなっ! そんなのダメに決まってるでしょ! 紀緒彦お兄様に不利なことはアタシが一切認めないのは知ってんでしょうが! とぼけたこと言うと地獄まで乗り込んでって殺さないまでも制圧すんぞっ! そこは神だろうがゴコちゃんだろうが承知しないんだからねっ!」
「うわー、林檎子チン超怖いんですけど。わかったから~、そんなに怒らないで。もう林檎子チン紀緒彦お兄様のことになるとムキになるんだから~」
「紀緒彦お兄様の命が危うくなるくらいなら、アタシの命が消えてく方がマシ!
  じゃあこうしよ。アタシが紀緒彦お兄様を好きになればなるほどアタシの寿命が急激に短くなるっていうのは?」
「えー、それはイチゴコがやだかな。林檎子チンには死んで欲しくないし。じゃあ、その代り次の案はどーすか?」
「はいはい次の案ね……」
「契約の魔法案その2 林檎子チンが紀緒彦お兄様を好きになればなるほど……」
「はいはい、好きになればなるほど?」
「好きになればなるほど林檎子チンが鬼畜になる!」
「ふーーーん、何それ、鬼畜って? ……まあ、いいわ。……今回はそれでお願いするわ」
「うん、じゃあ契約成立ね! 契約の呪文 ピピロン☆ポロロン☆ぺロヘロパー☆キッチキチ☆ナルナーレタマエノーシ☆」

「………………。。。」
「はい、契約完了ね?」

「まあ、アタシもともと悪魔だし、今更、鬼畜になったところで別に」
「そーよ! 別によ。林檎子チンその意気で鬼畜になってジャンジャン人間どもを抹殺してね!」
「あと一つ聞きたいんだけど、なんでゴコちゃんは人間どもを抹殺したいと考えるわけ?」
「だって、人間どもチョームカつくっしょ。ワガママだし、自分のことしか考えないし、自然は破壊するし、他のドウブツさんは絶滅に追いやるし。これからさらに人間どもは文明の発達とともにもっとワガママになり、自然界を汚し、他の動植物の種族を滅ぼし続けていく、終いにはこの世界そのものを滅ぼしかねない。わかるでしょ、ようはこの世界に人間の存在は不要、というよりもはやチョー害悪なわけ。イチゴコはパンダちゃんとかネコちゃんとか好きだから、人間を滅ぼしてモフモフしたドーブツさんたちのためのフワフワした楽園を構築したいんだよね~☆」

「ははは。。。あ、そう、ああ、それいいかも。。。」

「でっしょでっしょ~! 林檎子チンもそう思うよねー? だから林檎子チン、早いとこ鬼畜になって全ての人類を抹殺してね。林檎子チンならきっとできるって。林檎子チンにはその能力も資格もあるし。だって林檎子チンはもうほぼほぼ神より神ってるんだからさー。人類を滅ぼした暁には鬼畜からマジ神に昇格し、新世界、新たな楽園を創造してちょうーだいよ。イチゴコと一緒に良い夢見ようよう~☆」

「……ははは(ダメだこいつ、本当の本当にヤバいわこいつ……)」

その晩、林檎子はいつになく「イイ夢」を見れた。
彼方まで続く花園は、ここが楽園、浄土かと思えるほど心に歓喜と安穏をもたらした。
今までの生の苦悩やら煩悩やらが嘘みたいに消えうせ、いまは穏やかに澄み切った自分の心身があるだけだった。
ここは別の次元の世界と思われた。場所はもとより過去か未来かすら定かでなく。また人類は滅んだのか、それとも誕生すらしてないのか不確かでいて、自分以外に人が存在しているといったような気配や痕跡は微塵もなかった。
恐らく前世でアタシであったであろう少女がこの世界のアタシであった。少女は裸でその地を歩いていた。
時折、猫や豚、パンダといった愛らしい生き物たちが姿を見せ、みなその少女を祝福するかのように暖かく見守ってくれた。
少女の行く手にもう一人の人の姿をした者がいた。その者はその少女の女の姿とは別である男の姿であった。若い男、少年であった。その少年も少女同様裸であった。
少女はその少年を見たとき、とても強い衝撃を覚えた。それは大きな喜びの予感、前世からの幸せの記憶へと心の中で明晰な感情へと形作られていった。
また少年も少女と同様、祝福の瞳で少女を見つめた。
二人は不思議な磁力なようなもので手繰り寄せられるかのように相手の近くまで歩み寄り、そして見つめあった。
少女はその少年を知っているような気がした。おそらく前世の記憶で恋人か兄弟であった少年なのだろう。
そして少女は次にその少年のことをとても大切に思う気持ち、とても必要に感じる気持ちがこみ上げてきて、おそらく前世の愛という決定的な記憶が甦り始めた。
少女は素直なまま少年に欲した指を差し伸べた。
少年もそれを拒まずに、ただその指の行方を信じた。
そして二人は、互いの愛を確認した男女が次に行うべきアクションをどうしていいのか分からずにいた。
すると大いなる宙から姿を持たぬもの、不思議な意思だけの存在のもの、超自然的な思念体といったもの、観念的にはピンク色の少女といったものが、その少女にテレパシーで囁きアドバイスした。
少女は我が意を得たりとそのピンクの存在の思惑のあるがままに行動した。
そして少女は少年の首に回した両の五指に渾身の力を込め、締め付けた。
少女は少年を愛すれば愛するほど謎めいた強い力が湧き起こり、愛しさがさらなる膂力を呼び起こした。
少女は幾時か過ぎ気付いた。少年は満足そうに観念した顔で、すでにこと切れていた。
少女はこの殺戮を愛の全うと信じ、神、そのピンク体に最大級の感謝をした。
「ecstasy」とそうセカイの声が幾重にも反響した。
少女は己の内から溢れる心の恍惚感や充足感が、やがて尿意としてリアルに体に作用するのを覚えた。
…そこで林檎子はその尿意により眠りから覚めた。
窓から早朝の薄明かりが差し込んでいた、薄寒さが秋の深まりを感じさせた。

トイレでもう一度夢の神秘体験を反芻し、さきほどの少年のことを想い浮かべてみると、またとても幸せな気分に浸れた。
それもそのはず、その少年は今思えば神格化された紀緒彦お兄様そのものであった。

夢の中では生まれたままの姿で互いを慈しむように見つめ合った二人。
他に人類は誰一人いない。二人だけの愛と自由だけの世界。
夢の中では何者かの入れ知恵でつい絞殺してしまったが、もし仮にそのような?シチュエーションになったらどうしよう。いやどうしてくれようかと、いまだ終わらぬ小用中にあらぬ妄想をしてみたりした。
「(とりあえず裸でチュウ……?)」

リアルでは禁忌の願望であった。
それは決してエッチな気分からくるリビドーではなく、本能を超えた愛の根源からくる業(カルマ)に拠るところの意思にさえ思えた。
「(でも、あの楽園の彼の地なら……)」
言葉のかわりに甘美な溜め息がでた。
そんなことを妄想しながら、そぞろにトイレのドアを開けると、
今まさにその場に、兄紀緒彦(リアル本人)が立っていた。

予想外なラッキーエンカウントに驚く間もなくズッコケと目眩が併発し、林檎子は大きく体のバランスを崩してしまった。

そんな林檎子を兄紀緒彦はひしと抱きしめてくれた。

「林檎子大丈夫か! どうしたんだ!」
優しい兄の腕の中で、そのまま意識はハッピーに遠のいていった。

「このまま死んでもいい♡」
度を超えた幸福感がそんな気持ちにさせた。
「そしてあの楽園でまた巡り逢いたい」
かなわぬ夢のまた夢かもしれない。しかし……。

気がつくと自室のベッドの上にいた。そんなに長い時間は立っていなかっただろう。

薄目で紀緒彦の姿を見た。それは嬉しかった、だがその隣にいる少女、メイドの堀部留依子の姿を見た時その嬉しさは半減した。
認めるのもイヤだが、留依子に対するストレートな嫉妬がいつになく心をザワつかせた。
もちろん留依子は林檎子専属のメイドなので林檎子の急場にいるに然るべき人物であったし、紀緒彦も妹と同じ女性の手が欲しいのは必定といくところであった。

「なんであんにゃろー(留依子)がいるんだ。紀緒彦お兄様だけアタシの傍にいてくれればいいのに。
この邪魔者のおかげで気分が台無しだ。楽園が遠のいた。どうしたらいいんだ。どうしてくれよう。そうだ邪魔者は排除すればいい! コロス、コロセ、コロセバ ただコロスのは芸がない。ここは前例の遠藤魔鬼伽のようにまずは鬼畜強制エロ行為、ぜひ紀緒彦お兄様の前で実の弟にしてド童貞の真樹太とでも裸でチュウをさせよう。そして精神を破壊しつくした後は、調理長の富岡田にでも命じ留依子を女体盛りならぬ活け造りにでもクッキングしてもらおう。生きながらに皮を剥ぎ、ハラワタを捌き、五体を寸刻みにして鼠にでも振る舞ってやるとするか、キシシシシ!」

ともはや林檎子は嫉妬とはまた別のアブナイ衝動による殺戮の魅惑に取り憑かれていた。
それはもう人外の性癖、鬼畜の純真以外の何物でもなかった。
「ハッ!?」
と林檎子は我に返ったようにベッドから上半身を起こした。
そして高鳴る興奮を隠しながら林檎子は二人の方をそっと振り向くと、安堵したした紀緒彦と留依子の純粋な心からの、そしてその天使のような二人の笑顔を認めた。
ここで正気を回復し、その上心が洗われ清められたであろうことに気付いた。あと自身のパンツ内に何かしらの違和感にも気付いてしまった。
「(リアルの鬼畜になるところだった……)」
林檎子はその怖ろしい秘密を胸の奥にしまった。
またベットに少し漏らしてしまったお小水も二人には秘密にしなければならなかった……。
p246
三人揃って~、私たち亡魂三姉妹!?
スポンサーサイト